キャストパワーネクストの口コミ評判とオーディション情報

キャストパワーネクストのオーディションに合格するための準備は何?

キャストパワーネクストのオーディションに合格するための準備

 

キャストパワーネクストは芸能プロダクション「キャストパワー」の新人育成機関です。

 

設立したのが2017年3月と大変若いこの育成機関で、
オーディションが開催されることになりました!

 

これは俳優やタレント、声優やアーティストといった芸能人を目指す人にとってチャンスなんです!

 

えっ?
「そんな出来たばかりの育成機関で大丈夫なの?」
「第1期生って・・・。講師陣やスタッフがまともに機能してるのかすごく不安。」

 

ですって?

 

 

いやいや、そんなことは全くありません!

 

“出来たばかりの育成機関”ということは、
自分と似たキャラクターや容姿、声質やセンスの先輩がいないのです。

 

自分だけの魅力を発揮して、
「キャストパワー」というプロダクションにとってオンリーワンの存在になれる可能性がとても高いのです。

 

 

また、キャストパワーネクストの講師陣は、
キャストパワー所属の大浦龍宇一さんなど(回により変更有り)の
第一線で活躍されている実力派ばかりで、
その豊富な経験から各分野に適した指導をしてくださいます。

 

だから何度だって言いますけど(笑)、
キャストパワーネクストの第1期生オーディションは
芸能界入りしたい人にとっては、またとない大チャンスなんですよ!

 

 

そんなキャストパワーネクストのオーディションに
合格するための準備は何をすれば良いのか?

 

 

16〜25歳まで声優を目指して様々なオーディションを受けてきた私が、
準備するべきだと思うことをご紹介しましょう!

 

他のプロダクションの育成機関受験の際にも役立つことなので、
どうぞ最後まで読んでくださいね!

 

 

合格するために準備するべきことは
人前でも実力を発揮出来るようにしておくこと」です。

 

育成機関所属のためのオーディションは、
それぞれの育成機関によって違いはありますが、
どこも共通しているのは面接官の人数は複数いるということです。

 

これは受験者の実力を、複数の人間の目で見て判断するためです。

 

そして芸能関係の仕事は俳優であろうとタレントであろうと、声優であろうとアーティストであろうとも、
多くの人の目に晒されて行うお仕事なので、
人前で緊張してアガってしまって、何も出来ないような人ではダメだからです。

 

少なくとも「結婚式のスピーチくらい満足に出来ないと芸能人にはなれない」
といっても差し支えないでしょう。

 

 

だったら、人前でも実力を発揮出来るようにするにはどうしたら良いのか?

 

答えはシンプルにたった1つ。

 

人前で何かをするという経験を少しでも多くこなす」。

 

これしかありません。

 

 

“少しでも多く人前で何かを発表する”
“多くの人の目に晒されることに慣れる”

 

それが一番の練習や準備でしょう。

 

 

恐らく人前で実力を発揮出来ない人の多くがその理由を

 

「失敗するかもしれないと思うと、緊張するから」

 

と、答えると思われますが、
どんなベテランだって人気者だって本番前では緊張することもあります。

 

緊張しますが、
稽古や仕事、日常生活などの積み重ねで得た経験から
みなさん対処法を確立して本番に臨んでいるのです。

 

 

私の場合は失敗するのが怖くて緊張してしまうタイプで、
学生時代の発表会はいつも憂鬱でしたし大嫌いでした。

 

しかし声優の育成機関の授業では、
毎回講師やクラスメートの前で演技をしたり歌わなくてはならないので、
人前を避けて通ることは出来ませんでした。

 

だから最初のうちは過度に緊張して失敗して、
そしたら次は次で、「もう失敗したくない」という気持ちから
余計に緊張してまた失敗することの繰り返し・・・。

 

 

でもそんなのはもう嫌だと思った私は、
普段からどんな精神状態であっても一定の大きさ以上の声が出るように
毎日発声練習し、本番でセリフを忘れてしまわないように
何十回でも何百回でも満足するまで台本を確認するようにしました。

 

 

すると

 

「これだけやったら失敗するなんて有り得ないし、
これだけやったんだから例え失敗しても悔いはない!」と思うようになり、
人前でも過度に緊張することもなくなりましたし、実力も発揮出来るようになりました。

 

恐らく、これが私なりの
“人前で実力を発揮出来るようにしておくこと”だったのでしょう。

 

本当に、この対処法を見つけるまで随分時間がかかりました・・・
多分、5年くらいだったでしょうか?

 

 

さて、私は自分なりの対処法を見つけるまで
それだけの時間をかけてしまいましたが、
キャストパワーネクストのオーディションまでそんなに時間はありません。

 

かといって「育成機関に通う前の状態で人前で発表する機会なんてそんなにない!」
と思うかもしれませんが、
そんなことはなく、意外とあります。

 

 

まず学生さんだったら、
演劇部やコーラス部、軽音部といった
人前で何かを発表することを目的にした部活動に入るのが手っ取り早いですよね。

 

もし通っている学校で自分が目指したい道に適した部活動がない場合は、
野球やサッカー、テニスや陸上などの運動部でも大丈夫です。

 

運動部にだって“試合”という人前で行う発表会があるのは同じことですし、
芸能関係の仕事は体力仕事ですから身体を鍛えておくのは大きなプラスになります。

 

 

あなたが社会人だったら、
企画のプレゼンや忘年会の余興などを頑張ってみることで
経験値を多く得ることが出来ますね。

 

 

そういったことを業務内容でやらない仕事をしている人や主婦の場合は、
子供向けの朗読ボランティアや、老人ホームでお芝居やダンスを発表する団体に所属するなど、
地域のボランティア活動を通して人前で発表する経験を積むことが出来ますよ。

 

 

芸能関係の仕事をしたい人にとって、
人前で何かを発表するという経験は
どんなに小さいことでも全く無駄にはなりません。

 

学業や仕事、家事で忙しくて中々たくさんは出来ないかもしれませんが、
どんなに小さいことでも必ずプラスになりますので、
無理のない範囲で出来ることからやってみてくださいね。

 

 

 

以上が私がご紹介する
「キャストパワーネクストのオーディションに合格するための準備」です。

 

本当はもっと色々ご紹介したいことがあるのですが、
最も大切なのが「人前でも実力を発揮出来るようにしておくこと」
だと思ったので書きました。

 

 

芸能界への挑戦というのは一生のうちにそう何回も出来ない、
“アナタ”という人生にとっての一大イベントでしょう。

 

後悔を残さないように、「挑戦して良かった」と思えるように、
出来る準備はしっかりして本番に臨んでくださいね。

 

応援しています!

 

キャストパワーネクストの最新オーディション情報です ←クリック!


page top